経済

11月の東京物価、3・6%上昇 40年ぶり伸び率、食料6・7%

 東京都心

 総務省が25日発表した11月の東京都区部の生鮮食品を除く消費者物価指数(中旬速報値、2020年=100)は、前年同月比3・6%上昇の103・6だった。伸び率は前月の3・4%を上回り、4・2%だった1982年4月以来40年7カ月ぶりの大きさとなった。原材料価格の高騰や円安の影響で、生鮮食品を除く食料が6・7%上昇、電気・ガスなどのエネルギーは24・4%上昇し、家計にとって重い負担が続く。

 生鮮食品を除く指数の上昇は15カ月連続。上昇率は政府と日銀が目標とする2%を6カ月連続で超え、89年の消費税導入時の影響も上回った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス