経済

生命保険大手3社が減益 コロナ第7波で支払い急増

 生命保険大手4社の2022年9月中間連結決算が25日、出そろった。明治安田生命保険を除く3社は本業のもうけを示す基礎利益が前年同期に比べて減少した。新型コロナウイルス流行「第7波」で感染者への支払いが急増したことが響いた。一方、売上高に当たる保険料等収入は全社が増えた。海外金利の上昇により外貨建て保険販売が好調だった。

 基礎利益は日本生命保険が前年同期比34・3%減の2616億円、第一生命ホールディングス(HD)は22・6%減の2024億円となった。住友生命保険は34・9%減の1098億円。明治安田生命は8・2%増の2212億円だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス