くらし

和歌山・白良浜で冬支度 防砂ネット設置

 和歌山県白浜町の白良浜で、砂の飛散を防ぐネットを設置する町の職員ら=25日午前

 白い砂浜のリゾート地として人気が高い和歌山県白浜町の白良浜で25日、冬の強い風で砂が温泉街に飛散するのを防ぐネットが設置された。白浜温泉街の冬支度として1982年から続く事業。

 午前9時から町の職員ら約10人が砂を掘って木のくいを打ち込み、長さ20~30メートルのネットを二重に張り、ひもで固定した。ネットは少しずつ砂に埋まるが、来春には撤去される。町の担当者は「冬の澄んだ空気と青い海が美しい白良浜を見に来てほしい」と話した。

 白良浜は全長約620メートルで、米ハワイのワイキキビーチと姉妹浜になっている。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス