芸能・文化

王将戦、羽生が初勝利で1勝1敗 藤井敗れる

 羽生善治九段

 将棋の藤井聡太王将=竜王・王位・叡王・棋聖との五冠=(20)に羽生善治九段(52)が挑む第72期王将戦7番勝負の第2局は21、22の両日、大阪府高槻市で指され、101手で先手の羽生九段が勝ち、シリーズ初勝利を挙げて対戦成績を1勝1敗とした。

 羽生九段は前人未到のタイトル100期を目指す。初黒星となった藤井王将は初防衛が懸かる。第3局は28、29日に金沢市で行われる。

 対局は羽生九段が見えにくい一手などで先攻。藤井王将は反撃して厳しく迫ったが、挑戦者がしのぎ切り競り勝った。

 王将戦7番勝負は2日制で、持ち時間各8時間。先に4勝した方が王将を獲得する。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス