くらし

図書館に元首相の蔵書 調査で判明、愛知・豊橋

 平沼騏一郎の所有していた古典。赤い矢印で指しているのが本人の蔵書印=愛知県豊橋市図書館

 愛知県豊橋市図書館が、所有する本に押された“蔵書印”を調べたところ、明治から戦後に活躍したジャーナリスト徳富蘇峰(1863~1957年)や、戦後にA級戦犯として終身禁錮刑となった平沼騏一郎元首相(1867~1952年)が所有した本が含まれることが分かった。同館は「蔵書の持つ新たな意味を発見できた」としている。

 同館は、昨年4月から蔵書印と、本の仕入れ先や時期などを記したリスト「図書原簿」を調査。このうち蔵書印は、国文学研究資料館(東京)のデータベースなどと照合した。

 平沼の蔵書は、江戸時代に加賀藩が出版した「御成敗式目」の復刻本など計130点。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス