政治

官房長官、対ロシア制裁を推進 ウクライナ侵攻11カ月で

 松野博一官房長官は24日の記者会見で、ロシアのウクライナ侵攻から11カ月となったのを受け、日本は先進7カ国(G7)議長国として「国際社会と連携し、対ロ制裁やウクライナ支援を強力に推進していく」と述べた。

 タレントのデヴィ夫人が支援物資を届けるためウクライナを訪問したことには「どのような目的であれ、渡航をやめるよう勧告している」と強調。日本政府として、引き続きウクライナの人々に寄り添った支援を着実に実施すると語った。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス