政治

防衛財源「われわれの責任で」 首相、増税方針へ理解要請

 国会で開かれた参院本会議=24日午後

 岸田首相は24日の参院本会議で、防衛費増額に伴う増税方針に国民の理解を求める考えを表明した。財源確保に関し「将来世代に先送りすることなく、今を生きるわれわれの責任で対応すべきものだ」と強調した。首相と与野党の通常国会初となる論戦がスタートした。

 首相は防衛力強化に関し、シーレーン確保などの面から円滑な経済活動に資すると説明した。G7各国からも前向きな反応を得たとして5月のG7広島サミットの準備を進めるとした。

 立憲民主党の羽田次郎氏は増税方針を巡り「信を問うのが当然だ」と述べ、増税前に衆院解散・総選挙を実施する必要があると指摘した。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス