政治

細田衆院議長、教団票差配を否定 野党、説明不透明と批判

 衆院議院運営委の山口委員長(左)と面会する細田議長=24日午後、議長公邸

 細田博之衆院議長は24日、衆院議院運営委員会の与野党代表者らと議長公邸で会い、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)側との接点について説明した。自民党安倍派の前身である細田派の会長当時、国政選で教団の組織票を差配したかとの質問に「思い当たる事実はない」と否定。非公開での説明としたことに関し、今後も記者会見はしない考えを示した。出席者が明らかにした。立憲民主党の泉健太代表は党会合で「不透明の域を出ない。なぜ公の場で説明しないのか」と批判した。

 細田氏は教団との関わりについて、公の場での説明を拒んでいる。与党は今回で幕引きを図る考え。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス