芸能・文化

出版販売4年ぶり前年割れ 電子の伸び鈍化、特需終息

 2022年の出版物(紙と電子の合計)の推定販売金額が前年比2・6%減の1兆6305億円となり、18年以来4年ぶりに前年割れしたことが25日、出版科学研究所(東京)の調査で分かった。電子の伸びが急速に鈍化し、紙の落ち込みを補えなくなった形。新型コロナウイルスに伴う「巣ごもり特需」も完全に終息したと分析している。

 研究所によると、紙の出版物(書籍と雑誌)は6・5%減の1兆1292億円。21年に15年ぶりに増加に転じた書籍も、22年は反動で前年比4・5%減の6497億円となった。雑誌は9・1%減の4795億円。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス