政治

細田議長に重ねて会見要求 立民幹部「問題終わらず」

 記者団の取材に応じる立憲民主党の安住国対委員長=25日午前、国会

 立憲民主党の安住淳国対委員長は25日、国政選挙での世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の組織票の差配を否定した細田博之衆院議長に関して、記者会見での説明を重ねて求めた。国会内で記者団に「思い出していないだけではないか。記者の質問に答えなければこの問題は終わらない」と述べた。

 細田氏が、安倍晋三元首相と教団は「大昔から関係が深い」と指摘したことには「(双方の関係を)細田氏の知る範囲で国民に話す責任がある」と訴えた。

 細田氏は24日、衆院議院運営委員会の与野党代表者らと面会し、今後も記者会見はしない考えを示した。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス