経済

スーパー売上高、3年連続増 22年、衣料・日用品が好調

 日本チェーンストア協会が25日発表した2022年の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年比1・9%増と3年連続で前年実績を上回った。新型コロナウイルス感染対策の行動制限解除で外出機会が増え、衣料品や日用雑貨などが好調だった。売上高の約7割を占める食料品は、値上げに伴い単価が上がった一方で買い控えが響き、ほぼ横ばいだった。

 新店を含む全店ベースの売上高は0・4%増の13兆2656億円だった。

 同時に発表した22年12月の既存店売上高は、前年同月比2・7%増と6カ月連続でプラスとなった。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス