スポーツ

巨人・大城卓「日本のために」 WBC日本代表に内定

 キャッチボールする巨人・大城卓=川崎市のジャイアンツ球場

 巨人の大城卓三捕手が25日、川崎市のジャイアンツ球場で取材に応じ、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に内定したことを受け「正直びっくりした。しっかり日本のために力になっていきたい」と決意を述べた。

 昨年12月には米ハワイ州で菅野智之投手らと練習した。生活をともにして自らを厳しく追い込むエースの姿を目の当たりにし「それ以上にやらないといけないと思った。いい経験になった」と言う。

 日の丸を着けて戦うのは社会人時代以来でプロでは初めて。エンゼルスの大谷翔平らとバッテリーを組むことになり「いろいろなことを吸収していきたい」と心待ちにした。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス