芸能・文化

俳人の黒田杏子さんが死去 「証言・昭和の俳句」

 黒田杏子さん

 季語の現場を求めて全国を巡り歩き「証言・昭和の俳句」などの著作でも知られた俳人でエッセイストの黒田杏子(くろだ・ももこ)さんが13日午後7時7分、脳内出血のため甲府市の病院で死去した。84歳。東京都出身。葬儀は近親者で行った。喪主は夫勝雄(かつお)氏。

 戦時中の疎開を機に高校卒業まで栃木県で育ち、東京女子大で山口青邨に師事して俳句を始めた。広告会社の博報堂に入社、句作をいったん中断したが30歳を前に青邨に再入門。第1句集「木の椅子」で現代俳句女流賞と俳人協会新人賞を受賞した。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス