日本はデンマークに敗れる カーリング女子世界選手権


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 1次リーグのデンマーク戦で、ショットを放つロコ・ソラーレの藤沢五月(中央)=サンドビーケン(共同)

 【サンドビーケン(スウェーデン)共同】カーリングの女子世界選手権は18日、スウェーデンのサンドビーケンで開幕し、日本代表で北京冬季五輪銀メダルのロコ・ソラーレは1次リーグ初戦でデンマークに6―7で敗れて黒星スタートとなった。6―4で迎えた第8エンドに2点スチールを許して追い付かれ、最終第10エンドに1点を奪われた。

 ロコ・ソラーレは準優勝した2016年大会以来、2度目の出場。13チームで争われ、総当たりの1次リーグで上位2チームが準決勝へ、3~6位は準決勝進出を懸けたプレーオフへ進む。決勝は26日に行われる。