安保理が20日に北朝鮮緊急会合 ICBM発射受け日米が要請


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 国連安全保障理事会が開いた、北朝鮮によるICBM発射への対応を協議する緊急会合=2月20日、米ニューヨーク

 【ニューヨーク共同】国連は19日までに、安全保障理事会が北朝鮮による16日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けた緊急公開会合を20日午前10時(日本時間同日午後11時)に開催すると発表した。日米が会合を要請していた。

 安保理では中国とロシアが北朝鮮を擁護し、2017年以降、一致した対応を取れていない。米国は昨年12月に北朝鮮を非難する安保理の議長声明案を各理事国に提示したが、中ロの支持を得られず採択を断念した。