軍事教練提供で合意 ベラルーシ、ワグネルと


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 14日、ベラルーシ・オシポビチ近郊で、ワグネル戦闘員の訓練を受けるベラルーシの兵士(Voen Tv/ベラルーシ国防省提供・ロイター=共同)

 ベラルーシ国防省は14日、6月下旬に反乱を起こしたロシア民間軍事会社ワグネルとの間で、ベラルーシ軍部隊への訓練実施に関するロードマップを作成したと発表した。ワグネルが今後の一定期間、ベラルーシへの軍事教練提供に従事することが明らかになった。

 同国防省は14日にこれに先立って、ワグネル戦闘員がベラルーシ東部モギリョフ州オシポビチ近郊で同国の領土防衛隊を訓練したと明らかにしていた。その後の発表で、双方に正式な合意が結ばれたことが判明した。

 ワグネルの創設者プリゴジン氏は先月、ベラルーシのルカシェンコ大統領に説得され反乱を中止。ルカシェンコ氏はその後プリゴジン氏の入国を認めたが、戦闘員の入国は14日まで確認されていなかった。