マスク氏、オープンAIに対抗へ 「独占ではなく競争が必要」


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 スマートフォン画面に表示された「エックスAI」のロゴ=13日(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米企業家のイーロン・マスク氏は14日、人工知能(AI)を巡り、「(一部の)企業が独占するのではなく競争が必要だ」と述べ、新たに設立したAI開発企業「エックスAI」で、「チャットGPT」を開発したオープンAIなどに対抗する考えを示した。

 ツイッターの音声サービス「スペース」を通じてエックスAIの技術者などとの対話を公開した。

 マスク氏は「全てのAIがツイッターのデータを使っている」として、ツイッターのデータを自身のAIの学習に活用するとも語った。

 マスク氏は、オープンAIやグーグルがAIの安全性に配慮していないと批判している。