名古屋場所、錦木敗れ全勝消える 霧島は黒星、豊昇龍6勝目


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 錦木(左)が琴ノ若に寄り切りで敗れる=ドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所7日目(15日・ドルフィンズアリーナ)平幕錦木が小結琴ノ若に寄り切られて初黒星を喫し、全勝がいなくなった。琴ノ若は5勝目。4日目から出場の新大関霧島は御嶽海に押し出され、初日の不戦敗を含め2勝3敗2休。

 大関昇進を狙う3関脇は豊昇龍が元大関朝乃山を上手投げで退け、6勝1敗とした。大栄翔は宇良を押し倒し、若元春は小結阿炎をはたき込んで、ともに5勝目。阿炎は4敗となった。

 1敗は豊昇龍と平幕の錦木、玉鷲、北勝富士。