女子W杯のなでしこに声援 「力出して」と高倉前監督


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 15日、自身のチームの中国人選手や、日本人の子どもたちと記念撮影する高倉麻子さん(2列目中央)=中国上海市(共同)

 【上海共同】サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の前監督、高倉麻子さんが15日、中国上海市で共同通信の取材に応じ、20日に開幕する女子ワールドカップ(W杯)に出場する代表チームに「自分たちの力を出し切って精いっぱい戦ってほしい」とエールを送った。

 高倉さんは2016年4月になでしこの監督に就任。21年夏の東京五輪まで指揮した。今年1月に上海の女子プロチームの監督に就いた。W杯のポイントを問われると「初戦が大事。短期決戦なので、期間中にうまくいかない点をどう修正していくか(も大切だ)」と語った。W杯はオーストラリアとニュージーランドが共催する。