渡辺雄太、大黒柱の覚悟にじませ パリ五輪出場へ、強い思い


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 バスケ教室で指導する米プロNBAサンズの渡辺雄太(手前左端)=15日、東京都内

 米プロバスケットボールNBAのサンズと契約した渡辺雄太が15日、東京都内で主催したバスケ教室後に取材に応じ「チームをパリ(五輪)に連れて行くことができなかったら、もう代表選手として、いる資格はないんじゃないかな、ぐらいの気持ちでいる」と述べ、日本代表の大黒柱としての覚悟をにじませた。

 8~9月のワールドカップ(W杯)でアジア最上位になれば、来夏のパリ五輪出場権を得られる。ただ、日本は渡辺雄も出た2019年W杯と東京五輪で8戦全敗。「また連敗することがあれば、代表ユニホームを脱ぐつもり。それぐらい今回の代表にかけている」と強い思いがあふれた。