新谷仁美が5千を3レース走る 陸上、中長距離チャレンジ最終戦


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 女子5000メートルC 15分52秒73で1位の新谷仁美=千歳市青葉陸上競技場

 陸上のホクレン中長距離チャレンジ最終戦は15日、北海道の千歳市青葉陸上競技場で行われ、女子で1万メートルとハーフマラソンの日本記録を持つ新谷仁美(積水化学)が5000メートルCで15分52秒73の1位となるなど、同種目3レースを走った。

 女子1500メートルでは、6月の中国高校対校選手権で800メートル、1500メートルの2冠を達成したドルーリー朱瑛里(岡山・津山高)が4分19秒46で4位と健闘。男子5000メートルAでは鈴木芽吹(駒大)が13分24秒55で日本勢最高の5位に入った。