中国外相に女性問題と報道 台湾紙、約3週間動静なし


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 中国の秦剛国務委員兼外相

 【香港共同】中国の秦剛国務委員兼外相の動静が3週間近く途絶えているのは女性問題が原因だと、台湾紙の聯合報(電子版)などが15日報じた。ツイッターなどで最近、秦氏と不倫相手とされる女性が2人で写った画像や動画が出回っていた。秦氏は中国共産党の中央規律検査委員会から事情を聴かれているというが、真偽は不明。

 関係が問題視されているのは香港フェニックステレビの著名な女性ジャーナリスト。

 秦氏は6月25日のスリランカ高官らとの会談を最後に動静が途絶えた。中国外務省は今月11日の記者会見で秦氏が「身体的理由」によりインドネシアでのASEAN関連会合を欠席すると発表した。