AS乾が2大会連続「金」 世界水泳、女子ソロ


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 女子ソロTR決勝 演技する乾友紀子=マリンメッセ福岡

 アーティスティックスイミング(AS)で日本を長年リードしてきた第一人者、乾友紀子(32)=井村ク=が15日、マリンメッセ福岡で行われた世界水泳選手権の女子ソロ・テクニカルルーティン(TR)決勝を276・5717点で制し、昨年の前回大会に続いて世界一となった。14日に開幕した今大会で日本勢初の金メダル。

 2016年リオデジャネイロ五輪のデュエットとチームでいずれも銅メダルに輝いた乾は、21年の東京五輪後、非五輪種目のソロに軸足を移した。昨年は女子ソロで日本勢として初めて世界選手権の頂点に立ち、フリールーティン(FR)との2冠を達成した。