小田が初の決勝進出 ウィンブルドン車いすの部


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 車いすの部男子シングルス準決勝でプレーする小田凱人=ウィンブルドン(共同)

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権車いすの部は15日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、雨のため順延となった男子シングルス準決勝で四大大会2連勝を目指す第1シードの17歳、小田凱人(東海理化)がゴードン・リード(英国)を6―3、6―4で破り、初の決勝進出を決めた。

 男子ダブルス決勝では小田、三木拓也(トヨタ自動車)組がアルフィー・ヒューエット、リード組(英国)に6―3、0―6、3―6で逆転負けし、準優勝だった。

 女子シングルスは第1シードのディーデ・デフロート(オランダ)が優勝した。