イタリア与党トップに副首相 ベルルスコーニ氏後継


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 「フォルツァ・イタリア」の会合で話すイタリアのタヤーニ副首相兼外務・国際協力相=15日、ローマ(共同)

 【ローマ共同】イタリア連立与党の一角を占める中道右派「フォルツァ・イタリア」は15日、首都ローマで会合を開き、タヤーニ副首相兼外務・国際協力相を暫定の党トップに選出した。次の党大会までフォルツァを率いる。6月に死去したベルルスコーニ元首相の事実上の後継となる。

 会合ではこれまで「党首」だった党トップの名称を「書記長」に変更することが承認された。タヤーニ氏は「われわれの党首はベルルスコーニ氏だけだ」と理由を説明した。

 フォルツァは1994年にベルルスコーニ氏が結成。昨年10月に誕生したメローニ政権ではタヤーニ氏らが入閣している。