英国防相が退任、政界引退へ 次期総選挙出馬せず


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 ウォレス英国防相=2022年3月(アナトリア通信提供・ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】英紙タイムズ電子版は15日、ウォレス国防相が9月に見込まれる内閣改造の際、国防相を退任する意向だと報じた。すぐに議員辞職はしないが、2025年1月までに実施される次期総選挙に出馬せず、政界を引退する。ウォレス氏が同紙とのインタビューで明らかにした。

 陸軍出身のウォレス氏は2019年7月に国防相に就任し、ロシアの侵攻を受けるウクライナへの軍事支援に尽力してきた。スナク政権はウクライナ支援を進める方針で、ウォレス氏の退任後も英国の対ロ政策に大きな影響はないとみられる。

 ウォレス氏は北大西洋条約機構(NATO)次期事務総長の有力候補とされていたが、NATOは今月4日、ストルテンベルグ事務総長による24年10月までの続投で合意した。ウォレス氏はインタビューで、自身が米国の支持を得られなかったことに触れ「なぜ最も緊密な同盟国の候補者を支持しないのか」と不満を示した。

 6月16日にスナク首相に退任の意向を伝えたとされ、事務総長人事が背景にある可能性もある。