朝乃山、左上腕負傷で休場 元大関、再出場は慎重姿勢


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 休場が決まり、朝稽古で左腕の状態を確かめる朝乃山=16日、愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎

 大相撲の元大関で東前頭4枚目の朝乃山(29)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=が名古屋場所8日目の16日、日本相撲協会に「左上腕二頭筋部分断裂で4週間の局所安静を要する」との診断書を提出して休場した。敗れた7日目の関脇豊昇龍戦で負傷した。7日目まで4勝3敗だった。8日目の対戦相手、関脇大栄翔は不戦勝。

 師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)によると、投げをこらえた際に痛めたもよう。16日朝に本人から休場の申し出があり、同親方は「曲げる時に痛いようだ」と説明し、再出場には「様子を見てみないと分からない。しっかり治さないといけない」と慎重な姿勢を示した。