水木ロード30周年で式典 4200万人来場、鳥取


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 妖怪のブロンズ像などが人気の観光名所「水木しげるロード」=16日午前、鳥取県境港市

 妖怪のブロンズ像が人気の観光名所「水木しげるロード」(鳥取県境港市)の30周年を記念する式典が16日開かれ、着ぐるみの鬼太郎らがくす玉を割って祝った。18日に30周年を迎え、市によると、6月末までに約4242万人が訪れた。

 式典には水木さんの妻武良布枝さん(91)=東京都調布市=が「長きにわたって愛されるロードにしてくれ、とてもうれしく言葉にならないくらいです」とメッセージを寄せた。

 ロードは1993年にオープン。当時は閑散としていた商店街に境港市出身の漫画家水木しげるさん(故人)監修の妖怪像計23体を市が設置した。