ASで佐藤きょうだいが「金」 混合デュエット、日本勢初


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 混合デュエットTR決勝 演技する佐藤友花(左)、佐藤陽太郎組=マリンメッセ福岡

 アーティスティックスイミング(AS)で佐藤友花(21)佐藤陽太郎(18)=ともにジョイフルアスレティックク=のきょうだいペアが16日、マリンメッセ福岡で行われた世界水泳選手権の混合デュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝を255・5066点で制し、混合デュエットで日本勢初の金メダルを獲得した。「ターザン」をテーマに躍動感あふれる演技を披露した。

 非五輪種目の混合デュエットは2015年に採用され、佐藤きょうだいは昨年にTRとフリールーティン(FR)の2種目で、いずれも2位となった。佐藤陽は日本のAS男子選手で初の金メダリストとなった。