日本の反撃能力行使、是非を検証 民間演習2日目、国会議員ら参加


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 東京都内で開かれた台湾有事を想定したシミュレーション会合=16日

 民間シンクタンク「日本戦略研究フォーラム」(屋山太郎会長)は16日、台湾有事を想定したシミュレーションの2日目の会合を開いた。自民党の国会議員や元幹部自衛官らが日本や米国、台湾などの役割を演じ、用意されたシナリオに基づき場面ごとに求められる判断を検証した。他国領域のミサイル基地などを破壊する日本の反撃能力(敵基地攻撃能力)行使の是非も協議した。

 演習では、中国が台湾に侵攻し、沖縄県・尖閣諸島に戦域が拡大。九州・沖縄でインフラ施設がミサイル攻撃を受けたと仮定し、反撃能力を行使すべきかどうかを議論した。