祇園祭「宵山」にぎやかに 人波あふれ、京都


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 祇園祭の「宵山」を迎え、大勢の見物客でにぎわう京都・四条通=16日夕

 京都・祇園祭は16日、前半・前祭のハイライトとなる「山鉾巡行」前夜の「宵山」を迎えた。前日に続き歩行者天国となった京都市中心部は、3連休中とあって浴衣を着た観光客らの人波であふれ、山鉾や露店が並ぶにぎやかな祭りの風情に包まれた。

 祇園ばやしが響く中、うちわや冷たい飲み物を手にした浴衣姿の見物客らが、豪華に飾られた山鉾を前にスマートフォンで写真を撮っていた。山鉾の内部に入り、見学を楽しむ人の姿も。日が暮れるにつれ、山鉾を照らすちょうちんの明かりが祭りムードを盛り上げた。

 17日の山鉾巡行は午前9時に開始予定。「長刀鉾」を先頭に、豪華な装飾の山鉾が市中心部を進む。