G7、ウクライナ支援継続 財務相会議「揺るぎなく」


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 G7財務相・中央銀行総裁会議で議長を務める鈴木俊一財務相(中央)。手前は日銀の植田総裁=16日、インド西部ガンディナガル(財務省提供、共同)

 【ガンディナガル共同】日米欧の先進7カ国(G7)は16日、インド西部ガンディナガルで財務相・中央銀行総裁会議を開き、ロシアの侵攻を受けるウクライナに対し「揺るぎない支援」を続けると確認した。共同声明は発表せず、議長の鈴木俊一財務相が会議後の記者会見で議論の概要を明らかにした。中国やロシアなどの新興国を交えて17、18日に開催される20カ国・地域(G20)財務相・中銀総裁会議を前に、ロシアに一致して対抗する姿勢を打ち出した。

 ウクライナには、G7が中心となって、短期間に必要となる資金だけでなく、復興に向けた資金も援助する必要があるとの認識で一致した。引き続きロシアの資産を凍結することも確認した。ウクライナのマルチェンコ財務相がオンラインで参加した。

 日本から鈴木氏とともに出席した日銀の植田和男総裁は会議後の会見で、世界経済は「不確実性が強い」と指摘。資源や食料の価格高騰に伴う世界的な物価上昇は落ち着いてきているが「まだ粘着的」と述べ、米国の金融政策の動向と併せて注視する考えを示した。