中国4~6月GDP、6・3%増 上海ロックダウンの反動で


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 中国国家統計局の記者会見=17日、北京(共同)

 【北京共同】中国国家統計局が17日発表した2023年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年同期比6・3%増となった。前年は新型コロナウイルス対策で最大の経済都市、上海市がロックダウン(都市封鎖)されて低迷したため、反動で伸びた。通年の政府目標「5・0%前後」を上回った。

 1~3月期の4・5%増から改善したが、大方の市場予想は下回った。4~6月期は需要の弱さが目立ち、物価上昇にも勢いがなくデフレ懸念が出ている。世界的な景気減速で輸出も苦戦し、景気回復の遅れは鮮明だ。習近平指導部の課題は山積している。

 4~6月期のGDPは前期比では0・8%増となった。

 主要指標を見ると、1~6月の累計で消費動向を示す小売売上高は前年同期比8・2%増となった。一方、工業生産は3・8%増と力強さを欠いた。工場やオフィスビルへの固定資産投資も3・8%増だった。住宅市場は回復の遅れが目立っており、不動産開発投資は7・9%減となった。