レスリング金城、川井が代表逃す 南條、森川らが世界選手権へ


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
 女子59キロ級プレーオフ 3回戦で南條早映(右)に敗れた金城梨紗子=味の素ナショナルトレーニングセンター(代表撮影)

 レスリングの非五輪階級の世界選手権(9月・ベオグラード)代表決定プレーオフは17日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで男女計10階級が行われ、東京五輪金メダリストで姉妹の金城梨紗子と川井友香子が代表を逃した。59キロ級に出場した姉の金城は3回戦で南條早映に、65キロ級の川井は1回戦で尾崎野乃香に敗れた。

 女子は南條や尾崎、72キロ級の森川美和らが代表に決定。男子グレコローマンスタイル82キロ級は東京五輪77キロ級銅メダルの屋比久翔平、同フリースタイル92キロ級は19歳の吉田アラシが代表入りした。

 五輪階級と合わせて、世界選手権代表が出そろった。