ロームが3千億円出資へ 東芝買収、半導体協業も


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 電子部品大手のロームは18日、東芝の買収を目指す日本産業パートナーズ(JIP)を中心とする企業連合に参画し、計3千億円を拠出すると正式発表した。JIP陣営にまず1千億円を出資し、今後、2千億円の優先株の引き受けも予定する。ロームは、注力する半導体事業に関して「東芝との協業にも関心を持っている」とコメントした。

 JIP陣営は7月下旬にも株式公開買い付け(TOB)を実施し、東芝を買収する計画。非上場化した後に企業価値を高め、再上場を目指す。東芝側も株主にTOBへの応募を推奨している。