桐島聡容疑者名乗る男が死亡


桐島聡容疑者名乗る男が死亡 桐島聡容疑者(警視庁のホームページから)
この記事を書いた人 Avatar photo 共同通信

 1974~75年に起きた連続企業爆破事件の一つに関与したとして、爆発物取締罰則違反容疑で指名手配されていた過激派「東アジア反日武装戦線」のメンバー桐島聡容疑者(70)を名乗る男が29日午前、入院先の神奈川県鎌倉市の病院で死亡した。捜査関係者への取材で分かった。死因は病死で、関係者によると、死亡確認は午前7時33分。末期の胃がんで治療を受けていた。

 警視庁公安部はDNA型鑑定などで身元の確認を進めている。確認できれば、容疑者死亡で書類送検する方針。

 桐島容疑者は約49年間逃亡。容疑者本人であれば、長期間にわたる逃亡生活や組織の全容解明は遠のいた。国際手配が続く他の容疑者の追跡にも影響を与えそうだ。

 男は約1年前から通院し、今年入院した。25日になって「桐島聡」を自称。「最期は本名で迎えたい」と話していた。

 男は「内田洋」という名前を使い数十年前から神奈川県藤沢市の工務店で、住み込みで働いていた。金融機関の口座を持たず、勤務先から現金で給料を受け取っていたとされる。