世界的指揮者の小澤征爾さん死去


世界的指揮者の小澤征爾さん死去

 小澤征爾さん

この記事を書いた人 Avatar photo 共同通信

 米ボストン交響楽団やウィーン国立歌劇場の日本人初の音楽監督を務めるなど国際的に活躍し、「世界のオザワ」として幅広い人気を集めた指揮者で文化勲章受章者の小澤征爾(おざわ・せいじ)さんが6日、心不全のため東京都の自宅で死去した。88歳。旧満州(現中国東北部)生まれ。葬儀は近親者で行った。後日、お別れの会の開催を検討している。

 1959年にフランスのブザンソン国際指揮者コンクールで優勝し、一躍脚光を浴びた。カラヤン、バーンスタインら名指揮者に師事し、米サンフランシスコ交響楽団音楽監督などを歴任、海外で活躍する日本人指揮者の先駆けになった。73年から2002年までボストン交響楽団の音楽監督を務めた。

 02年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるニューイヤーコンサートを日本人として初めて指揮。10年までウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めた。

 国内では新日本フィルハーモニー交響楽団の「桂冠名誉指揮者」、水戸室内管弦楽団の音楽顧問。長野県松本市の音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」の総監督を務めた。