センバツ、健大高崎が初優勝


センバツ、健大高崎が初優勝

 健大高崎―報徳学園 3回裏健大高崎1死三塁、高山が右前に適時打を放つ。投手今朝丸、捕手徳田=甲子園

この記事を書いた人 Avatar photo 共同通信

選抜高校野球大会最終日は31日、甲子園球場で決勝が行われ、高崎健康福祉大高崎(群馬)が報徳学園(兵庫)に3―2で競り勝ち、春夏の甲子園大会で初優勝した。群馬県勢は春初制覇。

健大高崎は2―2で迎えた三回に高山の適時打で勝ち越した。石垣は8回2失点。九回は佐藤が締めた。

報徳学園は前回大会に続いて準優勝となり、3度目の頂点に届かなかった。一回に2点を先制したが、リードを守り切れなかった。