エンタメ

『スプリット』 超多重人格者に監禁された女子高生

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

 M.ナイト・シャマランの新作だ。『シックス・センス』『アンブレイカブル』『ヴィレッジ』『ヴィジット』…トリッキーなスリラーを得意とする監督だけに、作品評を書く際は常に注意が必要。特に今回は、何を書いてもネタバレになりそう。

 3人の女子高生が、正体不明の男に拉致、監禁される。犯人は23もの人格を持つ多重人格者で、やがて24番目の人格の存在も明らかに!

 シャマランの映画の2大要素といえば、➀トリッキーな設定(とりわけラストのどんでん返し)と、(2)アメコミ愛。➀に関しては、多重人格者の内的世界をエンターテインメントに仕立てたサイコ・スリラーかと思って見ていると、ラストで一杯食わされる。犯人を救おうとする女性セラピストが学会で発表する「人格に応じて体質まで変わり、超人化することも」に苦笑していたら、実はそれが重要な伏線で、『アンブレイカブル』がそうだったように➀と(2)が密接に結び付いた作品なのだ。(2)はさらに、『エアベンダー』でもくろんだアメコミ的なヒーロー映画のシリーズ化が失敗したことに対するリベンジとも取れる。

 だから、過去のシャマランの作品を見ていないと面白さは半減。逆にファンは見逃したら後悔すること請け合いで、これはシャマランからファンへのとっておきのプレゼントだ! ★★★★☆(外山真也)

監督・脚本:M.ナイト・シャマラン

出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ

5月12日(金)から全国公開


(共同通信)