スポーツ

ボクシング村田は王座獲得ならず 比嘉、TKO勝ちで新王者に

 ボクシングWBAミドル級王座決定戦で、アッサン・エンダム(左)に判定で敗れた村田諒太=20日夜、東京・有明コロシアム

 ボクシングのトリプル世界戦が20日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦で、ロンドン五輪金メダリストで世界初挑戦の村田諒太は、同級1位のアッサン・エンダム(フランス)に1―2の判定で敗れた。

 村田は4回に右のカウンターでダウンを奪うなどしたが、ポイントで及ばなかった。村田の戦績は13戦12勝(9KO)1敗、エンダムは38戦36勝(21KO)2敗。

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級1位の比嘉大吾は、フアン・エルナンデス(メキシコ)に6回2分58秒でTKO勝ちし、13戦連続KOで新王者となった。


(共同通信)