経済

保護主義抑制の意見相次ぐ APEC、自由貿易議論

 APEC貿易相会合の1日目の日程を終え、記者会見する世耕経産相=20日、ハノイ(共同)

 【ハノイ共同】日本や中国、米国など21カ国・地域によるアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合の1日目の日程が20日夕、終了した。世耕弘成経済産業相は会合後に記者会見し、保護主義を抑制する取り組みを強化するべきだとの意見が相次いだことを明らかにした。

 就任したばかりの米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は国際会議のデビュー戦となった。同氏が率いる米国の代表団は、公正な貿易の重要性を表明したもようだ。

 1日目は、域内の貿易や投資の自由化を目指すアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の実現に向けた道筋を協議した。


(共同通信)