エンタメ

『ぽっちゃり女子のファッションbook』大瀧彩乃著 「美しさ」の現在地点

 

 そら誰だって魅力的に見られたいわけで、となるとオンナは美しさが鍵となるわけで、となると「痩せたいよね~」に、どうしたって着地するわけで。……というのがここ最近の女子の思考回路であるとするなら、そこに一石を投じたのが渡辺直美であると言っても過言ではない。

 芸人である渡辺は、Instagramを通して、何にも囚われない自由なスタイルを発信し、話題を集めた。今やアパレルブランドのプロデューサーとしても知られる彼女は、新しいファッションアイコンとしての地位を確立している。そんな渡辺と以前からタッグを組んでいるのがスタイリスト、大瀧彩乃だ。大瀧の新刊「ぽっちゃり女子のファッションbook」が発売となると、そら期待値も当然、上がるわけで。書店で迷わず手に取るわけで。

 90年代に一世を風靡したと言ったらちょっと過言なアイドルグループ・チェキッ娘のメンバーであった大瀧。2000年に芸能界を引退した彼女は、古着屋スタッフ、テレビ業界専門のスタイリング会社勤務を経て、現在はフリーランスのスタイリストとして活躍している。「今の私があるのは彼女のおかげ」と渡辺をして言わしめる大瀧。そんな絶大な信頼を寄せている著者の本ということでわくわくして手にしましたが、率直に言うと、そして誤解を恐れずに言うと、普通。しかし断じて言うが、決して彼女が悪いわけではないと思う。

 ぽっちゃり体型の女の子がいかに魅力的に見えるか、そのスタイリングの提案をしている本書。それはコンディションによって中肉中背とぽっちゃりを行ったり来たりしているワタクシにも大変役に立ちそうなテクニックが満載なわけで、情報としては超ありがたい。しかし、だ。渡辺直美っていうのは、高度成長期以降(かどうかは知らんが)長らく囚われてきた「華奢でなければ美しくない」という呪縛から私達を解き放った功績者なわけで、そんな彼女を表紙と巻頭に登場させておきながら、「いかに細く見せるか」というテクニックの提案ばかりで構成するのは、やっぱりなんだか違うんでないか。

 裏を返すと、テレビの中の人であるから、インスタの中の人であるからチャーミングだと持て囃されているだけで、現実世界にいたらまだまだ彼女は異物でしかないのかもしれない。

 「美しさ」とは何か、その現在地点と、そして「これが美しくてこれは美しくない」という世間にはびこる価値観を覆すのは一筋縄ではいかないということがはっきりとわかった一冊だった。

(主婦と生活社 1300円+税)=アリー・マントワネット

ぽっちゃり女子のファッションbook
大瀧 彩乃
主婦と生活社
売り上げランキング: 32,012


(共同通信)