くらし

上野のパンダ、授乳長く 「しっかりと飲めているようだ」

 右前足で赤ちゃんを抱えるジャイアントパンダの雌シンシン=16日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)

 上野動物園(東京都台東区)は16日、ジャイアントパンダの雌シンシン(11歳)が産んだ赤ちゃんについて、乳首に吸い付く1回当たりの時間が長くなっており「しっかりと母乳を飲めているようだ」と明らかにした。

 動物園によると、赤ちゃんは、生まれてからすぐは飲む時間が数秒から1分程度だったが、15日以降は2、3分と長くなってきた。シンシンは、水分は取るが好物のタケノコを与えても赤ちゃんの世話を優先するためか、食べる様子がないという。

 金子美香子教育普及課長は「シンシンは出産直後の緊張がだいぶほぐれ、抱き方も慣れてきた」と話した。


(共同通信)