くらし

豪華列車「瑞風」が山口・萩到着 くす玉、和太鼓で歓迎

 JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」が18日朝、山口県萩市の東萩駅に到着した。市民ら約500人が出迎え、歓迎のくす玉を割って祝い、地元保育園の園児が和太鼓を披露。

 瑞風は午前8時40分ごろ到着。藤道健二市長は乗客に「おいでませ。萩の歴史を楽しんでください」と声を掛け、瑞風の長尾寛列車長に特産の夏ミカンを贈呈した。

 乗客らは幕末に活躍した萩市ゆかりの兵学者吉田松陰の史跡などを訪問。明治時代の産業革命遺産として世界文化遺産の一つとなった私塾の松下村塾などを見学。

 瑞風は17日に大阪を出発し、山陰を通過。18日午後に終着の下関駅に到着する。


(共同通信)