社会

成田、10人が入国審査受けず バニラ・エアを厳重注意

 国際線の乗客を誤って誘導し入国させたことについて記者会見する、バニラ・エアの五島勝也社長(左から2人目)ら=19日午後、東京都内

 格安航空会社(LCC)のバニラ・エア(千葉県成田市)は19日、香港から18日夜に成田空港に到着した304便の乗客のうち34人を誤って国内線の到着口に誘導したため、10人が審査を受けずに入国したと明らかにした。国土交通省は19日、同社を厳重注意した。

 バニラは昨年4月にも国際線の乗客159人を誤って入国させたとして、国交省から厳重注意を受けていた。

 バニラによると、乗客が分乗したバス3台のうち、34人を乗せた1台が誤って国内線の到着口に向かった。アナウンスで気付いた24人は入国審査や税関、検疫での手続きを受けたが、残る10人はそのまま入国したという。


(共同通信)