政治

加計集中審議、再来週で調整 首相補佐官出席を政権検討

 自民党と民進党は14日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、安倍晋三首相が出席する衆院予算委員会の集中審議を24日の週に開く方向で調整に入った。安倍政権は、新設手続きを促したとの指摘がある和泉洋人首相補佐官の出席も検討する。民進党は、東京都議選の応援演説で自衛隊の政治利用とも受け取れる発言をした稲田朋美防衛相にも照準を定め、首相の任命責任を追及する。

 集中審議を巡っては、与野党の質問時間の配分で溝があり、18日に両党の国対委員長会談を開いて協議する。

 和泉氏は、前川喜平前文部科学事務次官が加計問題の「キーパーソン」と指摘した人物。


(共同通信)