芸能・文化

井山碁聖「世界で結果残したい」 師の石井九段は夢託す

 石井邦生九段(右)と対談する井山裕太碁聖=14日午後、大阪市

 囲碁界のトップ棋士、井山裕太碁聖が14日、大阪市内であった関西プレスクラブ主催の会合で、「世界で結果を残したい。もっと囲碁を広めることも棋士としての大きな役割だ」と語った。同席した師の石井邦生九段は「井山の世界一が私の夢」と話した。

 幼少期の井山碁聖の映像を見ながら2人の出会いを回想し、「才能にほれた」と石井九段。それぞれの自宅のモニター画面をつないで対局する形を取っていたといい、井山碁聖は「(師匠に)怒られないようにと萎縮することなく、伸び伸びと打てた」と振り返った。


(共同通信)