国際

大統領演説をTV生中継せず逮捕 南スーダン独立6周年

 【ナイロビ共同】ロイター通信は17日までに、南スーダンのキール大統領が行った独立記念日の演説を生中継しなかったことを巡り、国営テレビのトップが逮捕されたと報じた。トップの妻がロイターに明らかにした。

 南スーダンは9日に独立6周年を迎えた。妻によると、技術的な問題から同日の大統領演説を生中継しなかったが、当局に「謀反を企てている」と判断され、翌10日に逮捕されたという。

 政府軍と反政府勢力の内戦が続く南スーダンでは、当局が一部の外国人記者の入国を禁じるなど、報道の自由が十分に認められていない。


(共同通信)