くらし

上野の赤ちゃんパンダ生後3カ月 特別態勢で24時間見守り

 生後3カ月となるジャイアントパンダの雌の赤ちゃん=10日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)

 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの赤ちゃん(雌)は12日、生後3カ月となった。名前の公募に過去最多の応募が寄せられるなど関心は高く、動物園は飼育員が24時間付きっきりで様子を見守る特別態勢を取り続けてきた。名前は今月後半に決まり、園内でお披露目会を開催する予定だ。

 赤ちゃんパンダは6月12日、シンシン(12歳)が出産。9月10日の身体検査では、体重は前回(8月31日)より約900グラム増えて5・4キロ、体長は6・9センチ伸びて62・4センチだった。上下左右の犬歯が生えてきたことを確認した。


(共同通信)