くらし

東京五輪へ、藍色の新型タクシー 「ブルーキャブ」、10月導入

 東京のタクシー会社の多くが導入する新型車両(トヨタ自動車提供)

 2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、東京都内のタクシー会社の多くが、車体を濃い藍色で統一したミニバンタイプの新型車を10月にも導入する。

 愛称は車体の藍色にちなんで「ブルーキャブ」。現行車よりも車内が広く、外国人旅行者やお年寄りらにも快適な移動手段として普及を図る。都内を走る約5万台のうち少なくとも1万台を新型車に置き換えることを目指す。

 トヨタ自動車製。車高は現行の「クラウンコンフォート」より高い約170センチで、足元の空間も広くゆったりしている。後部座席の床面は低めで道路との段差も小さく、人が座ったままの車いすも載せることができるという。


(共同通信)